Recipe & Topics

  • ギリシャヨーグルトの伝統料理
  • ギリシャヨーグルトの豆知識

ギリシャヨーグルトの伝統料理

ギリシャの食卓に欠かせないヨーグルトの、料理への使われ方はじつにさまざま。野菜や肉の付け合せにはもちろん、ソース代わりに登場したり、薬味調味料として活躍したり。そのままでも、火を通しても、甘くしても塩味でも!どんな食材にも合わせやすく飽きがこないから、レシピの幅も無限大です。バラエティ豊かなギリシャヨーグルトの料理の世界、ちょっと覗いてみませんか?

ギリシャヨーグルトの一般的な食べ方は?ギリシャヨーグルトは、朝食に新鮮なフルーツやシリアルと合わせるのがおすすめ。ハチミツとの相性は抜群で、あなたのアイディア次第で使い方の幅は広がります♪

ギリシャヨーグルトを使ったレシピをご紹介 毎月レシピをお届けします!

人気の定番レシピ

ジャジキ-Tzatziki-(ヨーグルトとキュウリのディップ)

ギリシャヨーグルトに刻んだキュウリを加えて作る簡単ディップ。野菜や肉、温かいピタパンに添えたりと、ギリシャの食卓では定番の一品。

レシピはこちら

サルツァ・ヤウルティ-Saltsa Yiaourtiou-(ヨーグルトのソース)

サラダドレッシングとしてはもちろん、サンドイッチやパスタの味付けに、ベイクドポテトに添えて……アイディア次第で使い方が広がる万能ソース。

レシピはこちら

スイーツ

ヤウルトピタ-Yiaourtopita-(レモンとヨーグルトのパウンドケーキ)

ギリシャヨーグルトを使って、しっとりクリーミーな口当たりに仕上げたパウンドケーキ。ヨーグルトの爽やかな風味はレモンの香りとも相性抜群。

レシピはこちら

ルクマデス-Loukoumathes-(ヨーグルト入りのギリシャ風ドーナツ)

ギリシャの家庭でよく作られる、ハチミツとシナモンを振りかけたひと口サイズの揚げドーナツ。ギリシャヨーグルトを使ってしっとりした食感に。

レシピはこちら

ムース・ヤウルテ-Mous Yiaourti-(ヨーグルトのムース)

パフェの材料にしたり、ケーキや焼き菓子に添えてもおいしいヨーグルトのムース。そのままいただく場合は、お好みでフルーツ・シロップをかけたり、刻んだドライフルーツとナッツをトッピングして。

レシピはこちら

フラウレス・メ・コニャック-Fraoules me Koniak-(ブランデー風味のイチゴをのせたヨーグルト)

ブランデーとブラウンシュガーに漬けたイチゴを、ヨーグルトにのせるだけの簡単大人のデザート。ブランデーはギリシャ産の「Metaxa」がおすすめ。

レシピはこちら

朝食にオススメ

ピタ・メ・フェタ-Pita me Feta-(フェタチーズのパイ)

ヤギや羊の乳から作られるギリシャの代表的なチーズ、「フェタ」を使ったパイ。食べごたえがあるので、しっかりめのおやつや朝食にぴったり。

レシピはこちら

クリヤ・パンザロスーパ-Krya Pantzarosoupa-(ビーツの冷製スープ)

暑い季節の朝食にぴったり。鮮やかなラズベリー色が目を引く、冷たいビーツのスープ。ギリシャでは濃厚なヨーグルトを混ぜていただきます。

レシピはこちら

サラダ&パスタ

コトサラタ-Kotosalata-(カラフルなチキン・パスタ・サラダ)

鶏肉、人参、セロリ、じゃがいも、玉葱などを煮込み、ヨーグルトとマヨネーズで和えたパスタ・サラダ。下ごしらえで出る鶏肉と野菜の煮汁は、パスタを茹でるのに使います。

レシピはこちら

クラクリ・マンディ-Koulakli Manti-(ひき肉入りギョウザ風パスタのヨーグルトソース添え)

トルコのカッパドキア地方の伝統料理だったものが、20世紀中頃の動乱期にギリシャ系難民によって伝えられたもの。ラビオリ風のパスタ料理に、ギリシャヨーグルトのソースをかけて。

レシピはこちら

  • ページのトップへ戻る

ギリシャヨーグルトのこと、もっと知りたい!

地域によって、料理方法は多種多様!

ギリシャの食卓に欠かせない、ギリシャヨーグルト。ピラフやトマトソースにかけたり、茹でたり炒めた野菜につけたり、肉だんごやグリルした肉に添えたりと、使い方は多種多様。ソースとしても使われていて、鶏肉や牛肉をオーブンで焼くときに上からかけると、火が通るにつれて煮詰まっていき、ベシャメル・ソースのような質感になります。その他にも、カボチャとコーンミールのパイにヨーグルトをかける料理は、ギリシャ北部の山岳地方の伝統料理。夏場には冷たいスープとしてヨーグルトを食べる地域もあります。

欧米でも親しまれています!

ヨーグルト作りが巨大な産業へと発展したヨーロッパ。牛の乳を使うそのヨーグルトの特徴は、サラッとしていて密度が薄く、酸味が強め。そのため、砂糖で煮たフルーツやジャムを入れて甘みを加え酸味をやわらげて食べるのが人気です。

そして近年、水切りにより濃厚さが生まれ、クリーミーな食感を持つギリシャ風ヨーグルトの消費が欧米で急激に伸びています。米国のシェフや料理人は、ギリシャ料理や地中海料理だけでなく、さまざまな料理にギリシャヨーグルトを使用しています。古代から受け継がれたこの素晴らしい食材は、新しいアイディアを取り入れながら生まれ変わり、今日も多くの人々に食べられています。

子供が大好き、「ヨーグルトの皮」とは?

ギリシャでは、子供たちだってヨーグルトが大好き。なかでもヨーグルトの表面に張った膜、別名「ヨーグルトの皮」に砂糖を振ったお菓子は、ギリシャの子供たちに昔から愛されている手軽なおやつです。

  • ページのトップへ戻る